So-net無料ブログ作成
検索選択

ワタクシネマパラダイス


イヴといえば
《ホームアローン》や、
古くは
ホワイトクリスマス
《黄金狂時代》
等を思い出す方は
多いと思います。
ところが
小生の場合。
イヴと云えば
なんと、
内儀さん
(これは敬称らしいので僭越ですが)
誕生日なもんで、
ちと
また別の意味も有るのでして。
《黄金狂時代》では
チャップリンが
ゴールデンラッシュに涌く
僻境の街で、
クリスマスの晩に
夢を見るシーンがありました。
彼女の部屋で
小さなぱんにフォークを刺し
其れを両足に見立てて、
卓上でダンスショー
あっ、
勿論ご存知ですよね。
でもたのしい、
悲しい夢だった。
…な〜んてシーンを
思いだします。
欧米の耶蘇教社会では
日本人とは
また、
違う感慨が有るようですね。
Christmas when nature is early carol (気の早いクリスマスキャロル)

http://hikari77.exblog.jp/

↑僕はしあわせの星だよ。
僕を見つけた人は幸せになるって。




思う。


父親が父親としての道を尽くさなかったとしても、
子供は子供としての道を行わなければならない。
孔安国

昔から、
良き人格者の親が
必ずしも
良き人格者で有った
とは限らない。
自分の不幸(だったとして)
を悲しむ事なかれ。
自分に
人生の
限り無い可能性を
残してくれた
両親に感謝すべきかも知れない。
親は親、
子は子として、
人生の修行者である事は
間違いない。
未熟だとしても
親を粗末にしては
いけないと思う。
たった一つでも
小さくても
親の真心を
知った時
感謝すべきであると
思う。

父親が父親としての道を尽くさなかったとしても、
子供は子供としての道を行わなければならない。

其れが、
人としての
生き方、
道であると思う。

ワタクシネマパラダイス

多くの人間は怠惰で、
頑迷で、
偏食家です。
おまけに自分は一番平均的な正しい
考えを持って居ると自負して居るものの様です。
昔、「ポセイドンアドベンチャー
と云う映画を観ました。
最近でも「タイタニック
と云う映画が記憶に残っています。
これらの作品は人類の破滅への不安感
が作らせたのでは無いでしょうか。
人間社会の縮図が
あの
小さな客船に
見えます。
小さな社会だけに
人々の葛藤も
より、
際立って見えるのでしょう。
それだけに、
「此れで良いのだろうか?」
という、人間の生き方を
クローズアップし易いのかも知れません。
多くの人は、
自分の都合の良い
考え方を持っています。
でも、
ドラマの先々で、
生き方の選択を迫られます。

今、
私達の
人生で、
社会で、
地球環境の劇的な
変化が
警鐘を鳴らされています。
専門家も危機の
確証を持たないまま、
人類全体は、奈落の底に
向かっているのかも知れません。
危険が待って居る事は
殆どの人が予感
多かれ少なかれ、
持って居る筈、
でも、
未だ大丈夫。
と自分を納得させて居るのです。
今何かを為さなければ
我々の
子供の世代は

http://masanobutaniguchi.cocolog-nifty.com/monologue/

「なぜ森なのか?」
一度ご覧に成られては。




2010-12-20

A.01.05.jpg


限りなく広がる宇宙

宇宙の果てを見た人間は居ない

それだけ

神は広大無辺である

という事だろう。

まだまだ

極宇宙からの

メッセージ

探査画像は

続くが

当サイトの

メモリの許容量が

限られるのが

惜しい。

管理栄養士のおいしい、ヘルシー、ノーミート

http://plaza.rakuten.co.jp/kuratyan/

健康志向の時代、

ヘルシー

いかがです。

作るより、

食べたいですって?



C.01.03.JPG

良い人生

http://www.blogmura.com/profile/00431339.html


いい日は幾らでもある。

手に入れるのが難しいのはいい人生だ 。
 
アニー・ディラード



A.01.02.JPG

知らない

暗黒の宇宙
そのはてから
微かに
聞こえてくる

それは
声なき
こえ

未だかって
聞いた事のない
深遠なる
響き

それは
何者の声か
誰も知らない



0116.jpg

魂が魂に

sinnsei.jpg



音楽だけが世界語であって、

翻訳される必要がない。

そこでは魂が魂に話しかける。

アウエルバッハ

今良く聞いているのは

黛敏郎先生の

《涅槃交響楽》です。

http://www.youtube.com/watch?v=yfRVDfthTSQ

宗教文化の中でも

宗教音楽に類するものでしょう。

小生は詳しく無いのですが。

先生の

此の曲は

カソリック教会

賛美歌にも及ばない

深い深遠なものを感じます。

天と地の狭間で

佛を念ずる、

経文でしょうか、

心を酔わせるものがあります。

《偉大なる日本人黛敏郎先生を懐かしむ》

http://nf.ch-sakura.jp/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=3103&forum=8&start=0








危機に瀕して

F.01.05.jpg


多くの人間は怠惰で、
頑迷で、
偏食家です。
おまけに自分は
一番平均的な正しい考えを持って居ると
自負して居るものの様です。
昔、
ポセイドンアドベンチャー
と云う映画を観ました。
最近でも「タイタニック」と
云う映画が記憶に残っています。
これらの作品は
人類共通の破滅への不安感が
作らせたのでは無いでしょうか。
今、
多くの著名な科学者が
環境の悪化
ひいては
地球の生命の棲む環境が
危機に瀕して、
壊滅の道を歩んで居るのでは
無かろうかと
警鐘を鳴らしています。

環境問題に
何の関心も示さない方も
多いです。
そんな方へ
次に有るサイトを
ご紹介いたします。

《小閑雑感》

http://www.MasanobuTaniguchi.com/

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。